葉酸サプリ

『プレミン』と『プレミン16w』はどこが違う?

プレミン プレミン

プレミン葉酸サプリは、時期別に3種類のサプリを販売しています。

😀 『プレミン』  :妊活~妊娠15週
😀 『プレミン16w』:妊娠16週〜
😀 『プレミンママ』:授乳期

なぜ妊娠の途中で、違う葉酸サプリになるのでしょうか?
必ず変更しなければならないのでしょうか?

ここでは、

妊娠初期用の『プレミンと、妊娠中後期用の『プレミン16w』

の2つのプレミン葉酸サプリの成分の違いを、確認していきましょう。

(妊娠初期用『プレミン』については、こちらで詳しく分析していますので、ぜひご覧ください。)

 

『プレミン』と『プレミン16w』、どこが違うの?

『プレミン』と『プレミン16w』、2つの葉酸サプリの違うところは、

葉酸の種類と量
鉄分の量
ビタミンAの配合

の 3点です。

それ以外の成分・量・産地・添加物などは、すべて同じです。

 

① プレミン16wは『天然葉酸』

プレミン16wの葉酸の種類

まず一番大きな違いは、『葉酸』です。

 

葉酸の種類・量・産地の違い

  • プレミン
    種類:合成モノグルタミン酸型葉酸
    量 :400μg
    産地:スイス
    (※妊娠初期の推奨付加量…『合成葉酸400μg』)
  • プレミン16w
    種類:天然ポリグルタミン酸型葉酸
    量 :250μg
    産地:インド
    (※妊娠中後期の推奨付加量…『天然葉酸240μg』)

このように、プレミンは合成モノグルタミン酸型葉酸を配合しているのに対し、プレミン16wは天然ポリグルタミン酸型葉酸を配合しています。

厚生労働省によると、合成葉酸が必要なのは、妊娠前と妊娠初期だけで、妊娠中期以降は天然葉酸でよいとされています。

製造元のゲンナイ製薬にラインで問い合わせたところ、プレミン16wに入っている天然葉酸は、『レピール葉酸』といって、レモンの皮から抽出した葉酸だそうです。

 

本当に天然葉酸で大丈夫?

しかし、天然葉酸は体内吸収率が 25~50%と低く、配合された天然葉酸 250μgがすべて吸収されるかが心配なところです。

ゲンナイ製薬に確認したところ、

「たしかに、天然葉酸の吸収率は個人差があるとは思います。」

とのことでした。

もし食品から天然葉酸をとるとしたら、500μg以上摂取して初めて推奨量の 240μgをとれることになります。

ですので、サプリの場合でも、250μgだけの配合では、正直少し心もとない気がしますよね。

さらに気になるのは、『プレミン16w』は『インド産』の天然葉酸を使用している、ということです。

『インド産』というと、質が少し心配になりますよね。

こちらもゲンナイ製薬に確認をしたら、

「インド産の葉酸は、自信を持っておすすめできる葉酸です。」

とのことでした。

それを信じないわけではないですが、『レモン』という天然原料ならなおさら、日本か欧米産のものが使用されていると安心なのですが…。

ちなみに、妊娠中期以降も『合成モノグルタミン酸型葉酸』を400μg摂り続けても、ママや赤ちゃんに悪影響はありません

長引くつわりなどで、食事から充分に葉酸がとれていない場合は、むしろ妊娠中期以降も、引き続き合成葉酸のサプリを飲んだ方がよいかもしれませんね。

以上のことから、プレミン16wの『インド産の天然葉酸配合』というのは、あまり嬉しい変更とは言えないでしょう。

 

② プレミン16wは『鉄分』が増量されている

プレミン葉酸サプリ16wの鉄分

プレミンとプレミン16wの、2つ目の違いは、『鉄分の増量』です。

 

鉄分の配合量

  • プレミン :5mg
    (妊娠初期の推奨量…9mg)
  • プレミン16w15mg
    (妊娠中後期の推奨量…21mg)

妊娠中後期には、赤ちゃんとママを支えるかなりの量の鉄分が必要となります。

鉄の配合量を、妊娠中後期用で増やしてくれているのは、とてもありがたいですよね!

この点では、妊娠16週で『プレミン』から『プレミン16w』に変える意味はあります。

しかも、『プレミン』『プレミン16w』のどちらも、吸収率の高いヘム鉄をブレンドしているところも、嬉しいですね。

 

③ プレミン16wには『ビタミンA』を配合

プレミン16wの成分の違い

3つ目は、ビタミンAの配合です。

 

ビタミンAの配合

  • プレミン :配合なし
    (妊娠初中期の推奨量…700μg)
  • プレミン16w300μg
    (妊娠後期の推奨量…780μg)

※ ビタミンA(レチノール)の摂取上限…2700μg

『プレミン』にはないビタミンAが、『プレミン16w』には配合されています。

ビタミンAは、赤ちゃんの発育を支える栄養素で、特に妊娠後期と授乳期に必要と言われています。

しかし、1日に 700〜780μg必要なところ、女性は食事から平均で 582μgしかとれていないという厚労省のデータがありますので、葉酸サプリで摂取できるのは嬉しいですね。

ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、過剰摂取が気になる方もいると思います。

それは、レチノールという動物性ビタミンAの場合です。

プレミン16wに入っているビタミンAは『ベータカロテン由来』で、必要な分だけ体内でビタミンAに変換されますので、過剰摂取の心配はありません

 

【結論】 妊娠16週で『プレミン16w』に変えたほうがいいの?

プレミン16wに変えるか

プレミン16wで、『鉄分』が増量され『ビタミンA』が追加配合されているのは、とても嬉しい変更ですよね。

ですが、葉酸が『合成モノグルタミン酸型葉酸』から『天然ポリグルタミン酸型葉酸』に変わるのは、正直微妙なところです。

食事からもしっかり葉酸を摂れていれば問題ありませんが、摂取量に自信のない方は、中期以降も引き続き『合成モノグルタミン酸型葉酸』の入ったサプリを飲んだ方が、無難かもしれません。

しかし、妊娠中期以降も、初期用の『プレミン』を続けるには、鉄分量が 5mgと少なすぎます。

ですので、妊娠中期以降は、鉄分もしっかり配合されていて、合成モノグルタミン酸型葉酸が入った、メルミーなどの他の葉酸サプリに切り替えた方がよいかもしれませんね。

 

まとめ

  • 妊娠中期に食事でしっかり葉酸がとれている場合
    『プレミン16w』に変えてOK
  • 妊娠中期に食事から葉酸をとれている自信がない場合
    合成葉酸と鉄分がしっかり入った、他の葉酸サプリに切り変える

 

妊娠初期用『プレミン』の詳細はこちら

プレミンシリーズの公式サイトをみてみる

プレミン プレミン

 

 

[第 1 位]makana マカナ

総合評価 A+
強力な妊活成分と、完璧なビタミンミネラルを求める方に

『スイス産の良質なモノグルタミン酸型葉酸』をはじめ、妊娠に必要なビタミン・ミネラル類を、管理栄養士が計算し尽くして完璧に配合。

今注目の妊活ビタミン『ナイアシン』と『ビタミンD』も高配合されています。

加えて、強力な妊活成分『マカ』『還元型コエンザイムQ10』『α−リポ酸』が授かりにくい女性をサポート。

全成分が『日本もしくは欧米産』で、放射能・残留農薬・重金属検査もクリア。

定期コースの回数条件もない、極めて良質な葉酸サプリです。

妊活が長くなっている方、高齢出産を目指す方に特におすすめします。

 😀 初回¥3,980  😀 2回目以降¥5,980

 

[第 2 位]メルミー葉酸サプリ

総合評価 A+
妊活成分は必要なく、完璧な基礎栄養素を求める方に

こちらも、1位のマカナと同じく、『スイス産の良質なモノグルタミン酸型葉酸』と妊娠に必要な 12種のビタミン・ミネラルを完璧に配合。

鉄分も『ヘム鉄』ブレンドで、しっかり妊娠後期までまかなえる量を配合。

必須栄養素の配合で言えば、30種の葉酸サプリを調査した中で、このメルミーが断トツ 1位です。

ママと赤ちゃんの健康をサポートする『DHA・EPA』『β−グルカン』『EC-12乳酸菌』を配合。

目立った妊活成分は入っていませんが、その分、妊娠後期や授乳期まで安心して飲み続けることができます。

原材料の産地のほとんどが『日本・欧米』、放射線・残留農薬検査クリア。

定期コースの回数条件もないので安心です。

本来の自分の体の妊娠力を取り戻したい、お腹の赤ちゃんを健康に育んでいきたい、という方に自信を持っておすすめできる葉酸サプリです。

 😀 初回¥2,980  😀 2回目以降¥3,980

 

[第 3 位]プレミン葉酸サプリ

プレミン

総合評価 A
シンプルで安全性の高いサプリを求める方に

『スイス産の良質なモノグルタミン酸型葉酸』と、妊娠に必要な 12種のビタミン・ミネラルのうち、11種を配合。

製薬会社の作るサプリらしく、成分は『葉酸・ビタミン・ミネラル』のみのシンプルな葉酸サプリです。

原材料の産地のほとんどが『日本・欧米・豪』で、放射線・残留農薬検査・アレルギー検査をクリア。

添加物も厳選し、安全性にとことんこだわっています。

定期コースの回数条件がなく、合わなければ開封後でも返品可能です。

妊活成分に頼らず、基礎的な妊娠力を身につけたい、何よりも安心安全を優先したい、そんな方におすすめする葉酸サプリです。

 😀 初回〜2回目以降もずっと¥3,866

 

 

こちらの記事も読まれています


葉酸とダウン症
葉酸にダウン症のリスクを減らす効果がある?

「妊娠前から葉酸を摂取すると良い」、ということは、大分浸透してきましたよね。 葉酸を妊娠前からとることによって、無脳症などの赤ちゃんの『神経管 ...


葉酸の効果がアップする摂取方法
葉酸の効果がアップするおすすめの摂取方法

妊娠前から出産後まで、ママと赤ちゃんの健康を支える『葉酸』。 妊娠前と妊娠初期には、着床しやすくなったり、ダウン症などの赤ちゃんの神経系の病気 ...


葉酸サプリは天然か合成か
【葉酸サプリ】天然と合成どちらを選ぶ?メリットとデメリット

天然葉酸と合成葉酸、どちらがいいの? 妊活中・妊娠中で、すでに葉酸サプリを飲んでいる方もきっと多いですよね。 でもその葉酸サプリ、『天然葉酸』 ...


妊娠中のザクロ
妊娠中のザクロ・プラセンタ・大豆イソフラボンは大丈夫?

妊活中に葉酸サプリや妊活サプリを飲み始める方が多いと思います。 葉酸・妊活サプリの中には、『ザクロ』『プラセンタ』『大豆イソフラボン』などが、 ...


葉酸サプリ市販とネット通販
【葉酸サプリ】市販のサプリは危険?効果や副作用は?

【葉酸サプリ】ネット vs. 市販 妊活中や妊娠中に葉酸が必要、ということはわかったけれど、 「葉酸サプリの種類がありすぎて、どれを選べばいい ...


温活で妊活
温活で妊活をする3つの方法 〜低体温や冷え性を改善しよう!

妊娠しやすい体温ってどのくらい? 妊娠するのに理想的な体温とは、どのくらいなのでしょうか? 妊娠しやすい体温 低温期 36.0~36.3℃ 高 ...


妊活に成功する人にはタイプがあった!? 8つの共通点

妊活に成功しやすい人には、タイプがある!? 「高齢出産したり、妊活が成功しやすい人には、似たような傾向がある」 という話を耳にしました。 気に ...


妊娠は何歳まで
妊娠・出産は何歳まで可能? 高齢出産の割合は?

近年、芸能人の方などで40歳を過ぎて第一子を妊娠した、40代後半で出産した、という嬉しいニュースをよく聞きますよね。 そういった高齢出産のニュ ...


卵子の老化は糖化
卵子の老化をSTOP!① 糖化を防ごう

「茶色い卵子」は糖化が原因だった! 不妊治療院の医師や培養士の間では有名だという『茶色い卵子』。 なんだかコワイですよね。 卵子は、通常ほぼ無 ...


新型出生前診断NIPT
新型出生前診断 NIPTのすべて[2020年]

『新型出生前診断(NIPT ニプト)』が気になっている妊活中の方や妊娠中のママさん、きっと多いですよね。 リスクがなく精度が高い『新型出生前診 ...

-葉酸サプリ

error: Content is protected !!

Copyright© Babywill ベビウィル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.