葉酸サプリ

ベジママ(VEGEMAMA)~ ピニトール葉酸サプリのレビュー【総合評価 A-】

『ベジママ(VEGEMAMA) 』
ピニトールを日本で初めて配合した葉酸サプリ

ベジママ葉酸サプリの効果

良質で本当に効果のある葉酸サプリを見極める 7つのポイント [A+]〜[C−]

見極めポイント ベジママの評価
葉酸の質 A+
妊娠の必須12栄養素 C
妊活成分 A+
安全性(産地・添加物・放射能・GMP) A
におい・飲みやすさ B−
コスパ A−
定期コースの解約・返品対応 A+
総合評価 A-

 

『ベジママ』は、日本で初めてピニトールと葉酸の両方を配合した妊活サプリです。

ピニトールの妊活への効果については、ぜひこちらをお読みください。

ピニトールと葉酸が配合された妊活サプリは、その後いくつか発売されていますが、その中でも『ベジママ』は、特に安全性の高いピニトールサプリと言えるでしょう。

ベジママは、スイス産の葉酸とトルコ産の良質なピニトールを使用し、主原料の1つであるアイスプラントは、日本の自社植物栽培工場『クリーンファーム』で徹底管理のもと栽培しています。

安全な添加物を使用し、放射能検査や残留農薬検査もクリアしています。

ベジママには、ピニトールの量も260mgたっぷり入っていますので、充分に効果が期待できますよ。

ビタミンB群が豊富なのに対して、ミネラル類の配合がないのが残念ですが、定期コースの回数契約もなく、良心的な妊活サプリと言えます。

ではベジママは具体的にどのような妊活サプリ・葉酸サプリなのでしょうか?

良質で本当に効果のある葉酸サプリを見極める 7つのポイント』をもとに、ベジママの良いところ・悪いところの全てを、徹底分析していきましょう。

(当サイトでは、すべての葉酸サプリを明確な基準で公平に評価していることをお約束します。)

 

ベジママは良質な葉酸を使っている?

ベジママの葉酸の質

評価 A+
スイス産の良質な合成葉酸です。

ベジママには、厚生労働省が妊娠前から摂取することを推奨している、合成モノグルタミン酸型葉酸が、必要量の 400㎍しっかり入っています。

電話で確認したところ、ベジママは『スイス産』の合成葉酸を使用しているとのことでした。

スイス産の葉酸は、光学異性体という異物が少なく、体内での吸収率も良いので、安心ですね。

 

ベジママには『妊娠に必要な12の栄養素』が、きちんと入っている?

ベジママ葉酸サプリの栄養

評価 C
栄養分は足りません。
逆に、ビタミンB群はかなりの量が入っています。

ベジママには、妊娠に必要とされる12種の栄養素のうち、6種が配合されています。

まずはベジママのビタミン類から見ていきましょう。

※ 妊娠期の必要摂取量と、摂取量の上限は、厚生労働省が定めた値です。
※ 各ビタミン・ミネラルの妊活への効果についてはコチラ

妊娠に必要なビタミン 8つ

必要な
ビタミン
『ベジママ』
の含有量
妊娠初期の
推奨摂取量
摂取量の
上限
ビタミンB1 10mg 1.3mg なし
ビタミンB2 11mg 1.5mg なし
ビタミンB6 10mg 1.4mg 45mg
ビタミンB12 20μg 2.8μg なし
ナイアシン 配合なし 12mg 250mg
ビタミンC 80mg 110mg なし
ビタミンD 配合なし 7μg 100μg
ビタミンE 8mg 6.5mg 650〜
700mg

ベジママには、葉酸を働かせるのに必要な『ビタミンB12』、不妊の原因になる糖の代謝を促す『ビタミンB1』、つわりに効果が期待される『ビタミンB6』は、たっぷり入っています。

というより、多過ぎるくらいですね。

ビタミンB1・B2・B12は摂取上限がありませんし、ビタミンB6も上限は45mgですので、体に害はありませんが、体に吸収できない分は、汗や尿ですべて排出されますので、意味がないかもしれません。

マルチビタミンサプリでさえも、ここまでの量は入っていません。

ベジママには、『ビタミンC』と、妊活ビタミンと言われる『ビタミンE』は、適量入っていますので、安心です。

しかし、同じく妊活ビタミンと言われる『ナイアシン』と『ビタミンD』が入っていないのは残念です。

『ナイアシン』は、流産や赤ちゃんの先天性異常を減らす効果、『ビタミンD』は、赤ちゃんの自閉症リスクを減らしたり筋力を強くする効果が、近年の研究で明らかになっています。

ナイアシンは、『肉・魚・玄米』などにたくさん含まれています。
また、ビタミンDは、日光に当たることで体内で生成することのできるビタミンです。

ベジママ妊活サプリを飲む場合には、日常生活で工夫して、『ナイアシン』と『ビタミンD』を取り入れるようにしましょう。

 

次に、ベジママのミネラル類を見てみましょう。

妊娠に必要なミネラル類 4つ

必要な
ミネラル
『ベジママ』
の含有量
妊娠期の
推奨摂取量
摂取量の
上限
鉄分 配合なし 妊活期 10.5mg
(生理あり)
妊娠初期 9mg
妊娠中後期 21.5mg
40mg
カルシウム 配合なし 650mg 2500mg
マグネシウム 配合なし 330mg 食品
…上限なし
サプリ
…350mg
亜鉛 配合なし 10mg 35mg

ベジママ妊活サプリには、残念ながら妊娠に必要なミネラル類は、一切配合されていません

(ただし、原料のルイボスに微量の亜鉛が含まれていると思われます。)

『鉄』『カルシウム』『マグネシウム』『亜鉛』、すべて妊活中のホルモンバランスの調整から妊娠中の赤ちゃんの生育にかけて、必要となる栄養素です。

特に女性は、普段からミネラルの摂取量が少なく、鉄分は推奨量の36%、カルシウムは66%しかとれていないというデータがありますので、この時期にはぜひサプリで補給しておきたいところですよね。

ですので、ベジママを飲む場合には、食事からミネラルを意識して摂るか、『マルチミネラル』のサプリをあわせて飲んだほうがよいでしょう。

 

このように、ベジママは、ビタミン・ミネラル類の配合が足りない中、ビタミンB群だけたくさん入っていて、決してバランスが良い葉酸サプリとは言えません。

妊娠に必須のビタミン・ミネラルの配合、という点では、残念ながらC評価となります。

しかし、それでもなぜベジママ妊活サプリを『A−評価』として紹介するかというと、その理由は次の強力な妊活成分にあります。

 

ベジママにはどんな妊活成分が入っている?

ベジママ葉酸サプリの妊活成分

評価 A+
強力な妊活サポートが期待できる成分が入っています。

ベジママには、次の 2つの妊活成分が配合されています。

ベジママの妊活成分

  • ピニトール (260mg)
    …強い生命力を持つ古来野菜『アイスプラント』に含まれる成分。
    体内に入ると、『カイロイノシトール』という物質が生成され、糖の代謝を助けたり女性のバランスを整えたりします。
  • ルイボス(50mg)
    …フラボノイドがたっぷり含まれていて、抗酸化作用や血流改善のサポートが期待できます。ピニトールも含む。

ベジママの妊活成分で注目すべきは、なんといっても『ピニトール』です。

ピニトールは、もともと糖質の代謝を助ける働きから、血糖値を下げて『糖尿病を予防する成分』として知られていました。

それが近年、『不妊と血糖値』の関係が明らかになり、不妊への効果も期待されるようになりました。

 

糖質と不妊の関係

エネルギーとして使いきれなかった糖分が体内に残ると、AGEという『コゲ』のようなものが体中にでき、老化を促進していきます。
それは卵子も例外ではなく、『卵子の老化=卵子の糖化』であるいうことがわかってきていて、糖化してしまった卵子は受精しにくいと言われています。

また、『卵子の糖化』が、不妊の大きな原因の1つである多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)も引き起こしていることが研究発表されています。

>>『卵子の糖化』が、『卵子の老化』と『多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)』を引き起こす

>>ピニトールの妊活への効果 詳しくはこちら

 

ベジママのピニトールは、糖分が体内に残らないように代謝を促す働きがあり、甘いものが好きな方、ついつい炭水化物を摂り過ぎてしまう方の強い味方になりますよ。

またベジママは、このピニトールに加えて、もう一つの糖の代謝を助ける成分『ビタミンB1』もたっぷり配合されていることから、卵子の糖化を防ぐ『強力な抗糖化サプリ』と言ってよいでしょう。

\ピニトールの驚くべきパワー!/

ベジママ公式サイトをみてみる

 

 ベジママの気になる安全性は?

ベジママ葉酸サプリの安全性と副作用

評価 A
ベジママは安全性に対する意識がとても高いです。

次に、『ベジママ』の気になる安全性を見ていきましょう。

ベジママの原材料の産地

ベジママの公式サイトには原材料の産地が書かれていないため、電話で確認したところ、『日本・スイス・トルコ・南アフリカ(ルイボス)』などの原料を使用しているとのことです。

ルイボスは、世界の生産量のほぼ100%が、南アフリカ産です。

アジア圏は、唯一ビタミンCのみインドネシア産のものを使用しているとのことです。

上位3つの葉酸サプリは、ビタミンCにも日本かヨーロッパ産のものを使用していますので、インドネシア産が心配と言えば心配ですよね。
(インドネシア産のビタミンCについては、良いデータも悪いデータも見つけられませんでした。)

しかし、ベジママは添加物を含め、中国産の原材料は一切使用していないとのことですので、その点は安心ですね。

GMP 認定工場

『ベジママ』は、日本のGMP認定工場で生産され、医薬品と同等の環境で品質管理がされています。

また、ベジママの主材料の1つである機能性野菜『アイスプラント』は、高い栄養価を維持し、高品質と安全を目指すため、日本国内の自社工場『クリーンファーム』で栽培されています。

放射能・残留農薬の検査

ベジママは、放射能検査をクリアしています。
また、電話で確認したところ、残留農薬検査もクリアしているとのことです。

ベジママの添加物

使用されている添加物

◯ 還元麦芽糖水飴・デキストリン・結晶セルロース
△ ステアリン酸カルシウム

(人工甘味料・香料・着色料・発色剤・漂白剤・膨張剤・苦味料・光沢剤 不使用)

添加物の種類

『ベジママ』に使われている添加物は、全部で4種類です。
そのうち〇の3つは、安全性が確認されているものです。
(結晶セルロースは、安全性が確立されていないというサイトもありますが、自然由来のもので、実験検証により安全性の確認がされています。)

△のステアリン酸カルシウムは、乳化剤としてほとんどすべてのサプリで使用されています。

体内にはほぼ吸収されませんので、粗悪なものを大量に摂取しなければ、ママにも赤ちゃんにも害はありません。

添加物の量

全成分表は、含有量の多いものから書く決まりがあります。

『ベジママ』の全成分表は、1番目にピニトール、2番目に還元麦芽糖水飴が書かれています。
ですので、水飴の割合は多いと言えます。

しかし、還元麦芽糖水飴は食品由来の安全な添加物ですし、その他の3つの添加物は量が少ないので、問題ありません。

水飴の糖分も、気にする量ではありません。

 

以上のことから、『ベジママ』は、安全性への意識や配慮が非常に高い妊活・葉酸サプリと言えます。
しいて言えば、インドネシア産のビタミンCを使用しているというところが気になるでしょうか。

しかし実際には、アジア圏産の食べ物を一切口にしないということは難しいですので、中国産さえできるだけ避ければ、問題ないと思って大丈夫でしょう。

ということで、限りなくA+に近い、安心のA評価です。

 

ベジママのにおい・飲みやすさは?

ベジママ葉酸サプリの飲みやすさ

評価 B−
コーティングが無く、においがあります。
粒は小さいです。
『ベジママ』のにおいと味

『ベジママ』には、コーティング剤が使われていません

お茶と草が混ざったような強めのにおいがあり、自然のにおいなのですが、好き嫌いが分かれると思います。

味も、酸味を感じるので、多めの水でサッと飲む必要があります。

『ベジママ』の大きさ

直径 8mm 厚み 3mm

直径は、葉酸サプリの中で標準か少し小さいくらいです。
厚みが3mmというのは、とても薄いほうです。

においと味で飲みにくい分、サイズの面ではとても飲みやすく作られています

口コミでは、小さくて飲みやすかったという声と、それでもにおいが気になって飲みにくかったという声の両方があるようです。

 

ベジママのコスパは?

ベジママの料金

評価 A−
妊活成分を考えれば妥当な値段ですが、ミネラル類を別にとるとさらに高くなります。

1袋 124粒入り31日分(税込み)

通常価格 ¥5,940
定期コース 初回    ¥3,970
2回目以降  ¥5,055
送料 ¥243
定期コースは無料

平均的なネット販売の葉酸サプリの値段は3,000円台ですので、そこに『ピニトール』という強力な妊活成分が 260mg配合されていることと、原材料の産地などを考えると、定期の2回目以降で約5,000円というのは、妥当な値段設定と言えます。

特に、他の葉酸サプリ・妊活サプリで効果が上がらない方、妊活期間が長引いていて強力な妊活成分がほしい方には、決して高い価格ではないと思います。

しかし、ビタミン類の配合のバランスが悪いこと、ミネラル類は別のサプリで補わなければいけないことを考えると、実際にはさらに費用がプラスされると思った方がいいでしょう。

ということで、ベジママのコスパの評価はA-となります。

 

ベジママは、定期縛りはない? 返品はできる?

ベジママの定期の解約

評価 A+
定期コースはいつでも解約できます。
開封後も無期限返金保証付きです!

『ベジママ』には定期コースの回数の制約はありません。

いつでも自由に解約することができます。

さらに、定期コースの初回に限り、開封後でも無期限で返品することができます。(公式サイトからの購入のみ)

試してみて合わなかったら返品できるというのは、とても安心ですよね!

 

その他
ベジママの対応や企業姿勢など

ベジママを製造販売しているのは、兵庫県にある関西鉄工という会社で、大正時代から続く鍛鋼の会社です。

一見サプリの製造とは関係がないように思えますが、工場技術を生かし、安全で高品質な植物や野菜を『工場内』で栽培する、いま注目の『クリーンファーム』に力を入れている会社です。

電話での問い合わせへの対応もとても誠実で、良い企業である印象を受けました。

 

 

『ベジママ(VEGEMAMA) 』ピニトール入り葉酸サプリのまとめ

ベジママ葉酸サプリの評判

総合評価 A−
強力な妊活成分を配合した、安全性の高い妊活サプリです。

このように、『ベジママ』は、ミネラル不足は否めないものの、ピニトールという強力な妊活成分を含んだ葉酸・妊活サプリです。

また、ママと赤ちゃんにとって安全性が高く、長期間飲み続けるのにも安心です。

他の葉酸サプリや妊活サプリでなかなか効果が上がらない方、甘いものや炭水化物を良くとる方は、もしかしたら『卵子の糖化=卵子の老化』が不妊の原因になっているかもしれませんよ。

『卵子の老化』や『多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)』が気になる方は、ぜひ一度、強力な妊活サプリ『ベジママ』を試してみてはいかがでしょうか。

 

\ピニトールの驚くべきパワー!/

ベジママ 初回50%OFFはこちらから

 

『ベジママ』のメリット

  • 良質なスイス産の『合成モノグルタミン酸型葉酸』を、妊活中と妊娠初期に必要な 400μgしっかり配合している。
  • 妊娠に必要なビタミン8種のうち、6種を配合している。
  • 糖化を抑える『ビタミンB1』、妊活ビタミンと言われる『ビタミンE』が高配合されている。
  • トルコ産の『ピニトール』260mgと、『ルイボス』 50mgが入っている。
  • 原材料の大半に、日本と欧米産のものを使用している。
  • 日本のGMP認定工場で生産している。
  • 放射能検査・残留農薬検査をクリアしている。
  • 安全な添加物を使用している。
  • 小さめで薄い錠剤タイプで飲みやすい。
  • 定期回数の縛りはなく、開封後でも無期限返金保証付き。

『ベジママ』のデメリット

  • 妊活ビタミンである『ナイアシン』と『ビタミンD』の配合がない。
  • ミネラル類の配合がない。
  • インドネシア産のビタミンCが入っている。(インドネシア産が安全ではない、というわけではありません)
  • コーティングされておらず、においと味が感じられる。
  • 値段は妥当だが、ミネラル類を別でとるとすると、割高感は否めない。
  • 少し草や煮干しの匂いがする。

>>ピニトール配合の葉酸サプリ 厳選2選

>>【2019年版】35歳からの葉酸サプリ・妊活サプリランキング

 

ベジママの全成分表示・栄養成分はこちら

ベジママの全成分表示

ピニトール(トルコ産→加工地韓国)・還元麦芽糖水飴・ルイボス茶抽出物(デキストリン、ルイボス茶エキス)(南アフリカ産→加工地日本)・アイスプラント末(日本産)・デキストリン・ビタミンE含有植物油・マンガン含有酵母・結晶セルロース・ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB6・ステアリン酸カルシウム・ビタミンB2・バントテン酸カルシウム・葉酸・ビタミンB12

※ 産地の記載がない原材料に関しても、中国韓国産は使用していないとのことです。

 

ベジママの栄養成分

(1日4粒あたり)

エネルギー:3.2kcal たんぱく質:0.04g 脂質:0.02g 炭水化物:0.71g ナトリウム:1.12㎎ ビタミンC:80mg ビタミンE:8mg 葉酸:400μg ビタミンB1:10mg ビタミンB2:11mg ビタミンB6:10mg ビタミンB12:20μg

 

ベジママ 初回50%OFFはこちらから

あわせて読みたい
>>ピニトールは妊活にこんな効果がある!

 

ピニトール入り葉酸サプリランキング

第1位 ピニトール効果No.1!
『ヤマノ PCOS 葉酸プラス』




ピニトールの効果を一番得られるのは、妊活サプリ実績19年のヤマノが満を持して発売した、『PCOS葉酸プラス』でしょう。
ピニトールを、より吸収しやすい『カイロイノシトール』の形で配合しているのが特長です。
せっかく葉酸が入っているのに、それを働かせるビタミンB12が入っていないのが残念ですが、添加物も限りなく少なく、ビタミン・ミネラルも天然素材なので、他のマルチビタミン・ミネラルを併用しても過剰摂取になる心配はありません。
それを見越してか、価格もピニトール配合サプリの中ではかなりリーズナブルになっています。
飲みやすいカプセルタイプです。

良い点
  • カイロイノシトール 260mg 配合(韓国産)
    (ピニトールは体内で吸収される際、カイロイノシトールという物質に変化します。
    最初からカイロイノシトールを摂取することで、体内吸収率が3倍になると言われています。)
  • モノグルタミン酸型・酵母葉酸 440μg 配合(アメリカ産)
  • ビタミン・ミネラルは、すべてオーガニック原料から抽出(インド産)
  • 原材料に中国産は一切不使用。
  • 日本のGMP工場で生産。
  • カプセルを1錠だけ飲めばよい。
  • 添加物はカプセルの天然原料のみ。(この点は他のどの葉酸サプリ・妊活サプリよりも優秀です
  • ピニトールが入った葉酸サプリの中では、格安。
悪い点
  • ビタミン・ミネラル類の配合量がすべて微量。
    マルチビタミン・ミネラルサプリを併用する必要がある。
  • 無味無臭だが、飲んだ後に漢方のようなにおいが上がってくることがある。
定期コース(税込)
  • 初回   ¥2,750
  • 2回目以降 ¥3,456
    (いつでも自由に解約できる)

もっと詳しくみてみる

ヤマノPCOS葉酸プラス 初回36%OFFはこちらから

 

ママと赤ちゃんに安心の
『ベジママ(VEGEMAMA)』



ママと赤ちゃんの安全性にとことんこだわっている『ベジママ』。

欧米中心の原材料に、安全な添加物を使用し、定期コースの解約も自由な良心的なピニトールサプリです。

ミネラル類などの配合がないのと、コーティングがなく飲みにくさが否めないのが弱点です。

良い点
  • ピニトール 260mg 配合(トルコ産)
  • モノグルタミン酸型葉酸 400μg 配合(スイス産)
  • ルイボス 50mg 配合。
  • ビタミンB群が豊富。
  • 日本のGMP工場で生産。
  • 原材料の産地は欧米中心。中国産原料不使用。
  • 放射能検査・残留農薬検査クリア。
  • ママにも赤ちゃんにも安全な添加物を使用。
悪い点
  • 妊活ビタミンであるビタミンD・ナイアシンと、ミネラル類の配合がない。
  • コーティングされていないため、においがある。
定期コース(税込)
  • 初回   ¥2,970
  • 2回目以降 ¥5,055
    (いつでも自由に解約できる)

もっと詳しくみてみる

ベジママ 初回50%OFFはこちらから

 

あわせて読みたい


マカナ妊活葉酸サプリ
マカナ(makana)妊活葉酸サプリ 〜効果や安全性は?【総合評価 A+】

妊活サプリ人気No.1の『マカナ』は、実力もNo.1! 良質で本当に効果のある葉酸サプリを見極める 7つのポイント [A+]〜[C−] 見極め ...


メルミー葉酸サプリ
メルミー葉酸サプリ 〜効果や安全性は? 妊活におすすめの理由【総合評価 A+】

『メルミー葉酸サプリ』 〜産婦人科医と管理栄養士が作った葉酸サプリ 良質で本当に効果のある葉酸サプリを見極める 7つのポイント [A+]〜[C ...


プレミン葉酸サプリ
プレミン葉酸サプリ 〜効果や安全性は?【総合評価 A】

プレミン 〜製薬会社が作ったシンプルな葉酸サプリ 良質で本当に効果のある葉酸サプリを見極める 7つのポイント [A+]〜[C−] 見極めポイン ...

こちらの記事も読まれています


葉酸とダウン症
葉酸にダウン症のリスクを減らす効果がある?

「妊娠前から葉酸を摂取すると良い」、ということは、大分浸透してきましたよね。 葉酸を妊娠前からとることによって、無脳症などの赤ちゃんの『神経管 ...


葉酸の効果がアップする摂取方法
葉酸の効果がアップするおすすめの摂取方法

妊娠前から出産後まで、ママと赤ちゃんの健康を支える『葉酸』。 妊娠前と妊娠初期には、着床しやすくなったり、ダウン症などの赤ちゃんの神経系の病気 ...


葉酸サプリは天然か合成か
【葉酸サプリ】天然と合成どちらを選ぶ?メリットとデメリット

天然葉酸と合成葉酸、どちらがいいの? 妊活中・妊娠中で、すでに葉酸サプリを飲んでいる方もきっと多いですよね。 でもその葉酸サプリ、『天然葉酸』 ...


妊娠中のザクロ
妊娠中のザクロ・プラセンタ・大豆イソフラボンは大丈夫?

妊活中に葉酸サプリや妊活サプリを飲み始める方が多いと思います。 葉酸・妊活サプリの中には、『ザクロ』『プラセンタ』『大豆イソフラボン』などが、 ...


葉酸サプリ市販とネット通販
【葉酸サプリ】市販のサプリは危険?効果や副作用は?

【葉酸サプリ】ネット vs. 市販 妊活中や妊娠中に葉酸が必要、ということはわかったけれど、 「葉酸サプリの種類がありすぎて、どれを選べばいい ...


温活で妊活
温活で妊活をする3つの方法 〜低体温や冷え性を改善しよう!

妊娠しやすい体温ってどのくらい? 妊娠するのに理想的な体温とは、どのくらいなのでしょうか? 妊娠しやすい体温 低温期 36.0~36.3℃ 高 ...


妊活に成功する人にはタイプがあった!? 8つの共通点

妊活に成功しやすい人には、タイプがある!? 「高齢出産したり、妊活が成功しやすい人には、似たような傾向がある」 という話を耳にしました。 気に ...


妊娠は何歳まで
妊娠・出産は何歳まで可能? 高齢出産の割合は?

近年、芸能人の方などで40歳を過ぎて第一子を妊娠した、40代後半で出産した、という嬉しいニュースをよく聞きますよね。 そういった高齢出産のニュ ...


卵子の老化は糖化
卵子の老化をSTOP!① 糖化を防ごう

「茶色い卵子」は糖化が原因だった! 不妊治療院の医師や培養士の間では有名だという『茶色い卵子』。 なんだかコワイですよね。 卵子は、通常ほぼ無 ...


新型出生前診断NIPT
新型出生前診断 NIPTのすべて[2020年]

『新型出生前診断(NIPT ニプト)』が気になっている妊活中の方や妊娠中のママさん、きっと多いですよね。 リスクがなく精度が高い『新型出生前診 ...

-葉酸サプリ

error: Content is protected !!

Copyright© Babywill ベビウィル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.