葉酸サプリ

葉酸サプリおすすめランキング・効果や副作用を徹底比較【2020年】

葉酸サプリランキング

葉酸サプリはどうやって選べばいいの?
ポイントは含有成分と安全性!

葉酸サプリにはたくさんの種類があって、迷ってしまいますよね。

葉酸サプリは、単に『葉酸』だけでできているものはありません

なぜなら、1日に必要な葉酸の適量はたったの大さじ1万分の1と、とても微量だからです。

ですので、葉酸サプリの葉酸以外の部分は、さまざまな栄養成分、妊活成分、中には妊娠とは直接関係のない美容成分、そして添加物でできています。

葉酸サプリを選ぶ際には、

  • 葉酸そのものの質
  • 葉酸以外の部分が何の成分でできているか

の両方を見極めることが大切です。

その際、

  • 成分の原産国
  • 生産工場の環境
  • 放射能や残留農薬検査の有無
  • 添加物の種類と量

といった安全性についてもしっかりと吟味することが必要ですよ。

 

では葉酸サプリの具体的な選び方を一緒にみていきましょう。

食育栄養コンサルタントが、葉酸以外に入っていてほしい『栄養成分』、原産地や添加物などの『安全性』の確認の仕方を、わかりやすく解説していきます。

 

 

人気のある葉酸サプリが良いサプリ!?

人気の葉酸サプリ

当サイトでは、ネット販売の葉酸サプリから、薬局・ドラッグストアで市販されている葉酸サプリまで、約 30種類の葉酸サプリを比較検証しました。

原材料の産地などを公式サイトで開示していない葉酸サプリは、電話やメールで確認をしました。

その結果、

😀 質の良い原料を使い、妊娠に必要な栄養分もしっかり配合し、安全性が高く、企業姿勢も良い優秀な葉酸サプリ

もあれば、残念ながら

🙁 多くのランキングサイトで人気上位にあげられているにも関わらず、成分が少なかったり、原産地などが不透明で、おすすめできない葉酸サプリ

もありました。
(サイトで勧めると、多額の謝礼がもらえる葉酸サプリが存在するためです。)

このランキングでは、明確な基準に沿って、すべての葉酸サプリ・妊活サプリを公平に比較しておすすめしています。

本当に安心安全で、妊娠に必要な葉酸サプリを探している方は、ぜひ参考にしてくださいね!

※ 特定の葉酸サプリを肩入れしてご紹介することなく、公正に評価していることをお約束します。

 

葉酸サプリの選び方 7つのポイント

葉酸サプリの選び方

本当に質が良くて安全性の高い葉酸サプリを選ぶために、次の 7つの基準でしっかりと見極めていきましょう!

 

葉酸サプリ選びの 7つのポイント 😀

質の良い葉酸が、しっかりと必要量入っているか

妊娠に不可欠な12の栄養素が、きちんと入っているか

効果が期待できる妊活成分が入っているか

副作用がなく、安全性が高いか(産地・添加物・放射能・GMP)

におい・飲みやすさはどうか

コスパはよいか

定期コースは自由に解約できるか

 

質の良い葉酸が、しっかりと必要な分だけ入っている?

葉酸サプリの質

合成モノグルタミン酸型葉酸 400μgが必須

妊活中から妊娠中にかけて飲む葉酸サプリには、厚生労働省が推奨している合成の『モノグルタミン酸型葉酸』が 400μg入っていることが、絶対条件です。

(『天然葉酸』よりも『合成葉酸』の方がよい理由は、こちらをぜひお読みくださいね。)

妊娠前から合成モノグルタミン酸型葉酸を摂取することで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害を防ぐ効果があることがわかっています。

また葉酸は、ビタミンB12とともに血液を作り出し、たっぷりと豊富な血流で、着床しやすいフカフカな子宮作りから赤ちゃんへの栄養素の運搬まで、長期にわたってママと赤ちゃんの健康をサポートする効果もありますよ。

参考:『栄養の基本がわかる図解辞典』中村丁次 監修(成美堂出版)

 

あわせて読みたい
葉酸サプリは天然か合成か
【葉酸サプリ】天然と合成どちらを選ぶ?メリットとデメリット

天然葉酸と合成葉酸、どちらがいいの? 妊活中・妊娠中で、すでに葉酸サプリを飲んでいる方もきっと多いですよね。 でもその葉酸サプリ、『天然葉酸』 ...

 

葉酸の『産地』は大丈夫?

同じ『モノグルタミン酸型葉酸』でも、原産地によって効果が変わることがあるので、注意が必要です。

必ず、質の良い『日本産か欧米産』の葉酸を使用している、安全性の高い葉酸サプリを選ぶようにしましょう。

あまりにも安い葉酸サプリや、問い合わせをしても「葉酸の産地を公表できない」という葉酸サプリは、『中国産』の葉酸を使っている可能性が高いです。

中国産の葉酸には『光学異性体』という異物が多く含まれていて、品質が安定せず、吸収率が悪く、葉酸本来の効果が得られない可能性があるので、なるべく避けたほうがいいですよ。

 

妊娠に不可欠な 12の栄養素が、きちんと入っている?

葉酸サプリの栄養成分

葉酸の他にも、妊活中から妊娠中にかけて、必要不可欠な栄養素が 12種類あります。

それは、

『8つのビタミン』と『4つのミネラル』

です。

なぁんだ、ビタミンとミネラルか、とあなどってはいけません!

ビタミンとミネラルには、妊娠に関わる驚きの効果があり、不足すると、不妊や赤ちゃんの病気の原因になることもあるのです。

ここにあげるビタミン・ミネラルには、

😀 赤ちゃんの先天性疾患のリスクを減らす成分
😀 不妊症の原因を改善する成分

など、大切な役割がたくさん詰まっています。

特に、

『ナイアシン』『ビタミンD・E』

は、最近の研究で、妊娠やママや赤ちゃんの健康にとても深く関わる効果があることがわかってきていて、『妊活成分』とも言えるほど、妊娠・出産を目指す女性には欠かせないビタミンとして注目が集まっています。

この12種のビタミンやミネラルは、食べ物に含まれる身近なものばかりなので、わざわざ葉酸サプリで摂取しなくてもいいのでは?と思うかもしれませんね。

でも、妊活中の女性の検査をしてみると、どの栄養素も推奨量の 30〜60%しかとれていないというデータがあるのです。

多くの女性が、基礎的な栄養素不足の中で、妊活をしてしまっているということです。

必要な栄養素がたっぷりと詰まった葉酸サプリを選んで、大事な時期に栄養不足にならないようにしましょう!

 

妊娠に必須の 8つのビタミン
(推奨量 / 摂取上限)

  • ビタミン B1
    (1.3mg / 上限なし)
    …糖分が血液中に残らないように代謝をうながし、不妊の原因となる卵子の糖化を防ぐ。
    (卵子の糖化についてはこちらをご覧くださいね。)
  • ビタミン B2
    (1.5mg / 上限なし)
    …脂質・糖質・たんぱく質の代謝を助け、赤ちゃんの皮膚・粘膜・髪・爪の発育、抗体の生成を司る。
  • ビタミン B6
    (1.4mg / 上限 45mg)
    …葉酸の吸収を助ける。つわりを軽減する。
  • ビタミン B12
    (2.8μg / 上限なし)
    …葉酸とともに血液を作り出し、血流を良くする。(ビタミンB12がないと、葉酸の効果が得られない。)
  • ナイアシン
    (別名:ビタミン B3)
    (12μg / 上限 250μg)
    …流産や赤ちゃんの先天性異常のリスクを減らせる可能性がある。赤ちゃんのアトピー性皮膚炎を防ぐ。
  • ビタミンC
    (110mg / 上限なし)
    …鉄の吸収を助ける(特に非ヘム鉄に必要)。抗酸化作用があり、子宮内膜を厚くする。男性の精子のDNAの損傷を防ぐ。
  • ビタミンD
    (7μg / 上限 100μg)
    …カルシウムの吸収を助ける。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)や子宮筋腫を改善する・男性の精子の質が高くなる・赤ちゃんの自閉症を防ぐ、との研究報告がある。
  • ビタミンE
    (6.5mg / 上限 700mg)
    …子宮の血流を良くし、子宮内膜を厚くする。卵巣機能を支え、黄体ホルモンの分泌をうながす。

妊娠に必須の 4つのミネラル
(推奨量 / 摂取上限)

  • 鉄分
    (妊活中(生理あり) 10.5mg/妊娠初期 9mg/中期以降 21.5mg/上限 45mg)
    …赤血球をつくり、血流を良くする。子宮の粘膜を作る材料になり、着床しやすいフカフカの子宮にする。
  • 亜鉛
    (10mg/上限35mg)
    女性ホルモンの分泌を活性化する。また、不足すると赤ちゃんの運動機能の低下につながるとの研究報告がある。
  • カルシウム
    (650mg/上限 2500mg)
    卵子や精子の働きを正常にする。赤ちゃんの骨や歯の形成に使われるため、妊娠中のママのカルシウム欠乏症を防ぐ。
  • マグネシウム
    (330mg/食品は上限なし・サプリの上限は350mg)
    …カルシウムの吸収を助ける。

身近なビタミン・ミネラルに、こんなにたくさんの嬉しい効果があるなんて、驚きですよね!

もちろんどの効果も、世界的な医学誌などで発表されている確かなものばかりです。

日本の厚生労働省は、基本的には『日本』で研究・実証された効果しか認めないため、聞いたことがない効果があるかもしれませんね。

葉酸とダウン症の関係に関してもそうですね。)

しかし、欧米では妊活・妊娠中のビタミン・ミネラルの大切さはよく知られていて、特にサプリ大国のアメリカでは、妊娠すると医師から『葉酸・ビタミン・ミネラル』が入ったサプリを処方されるほどです。

妊活成分ももちろん大切なのですが、まずはこの基礎的なビタミン・ミネラルをしっかりと摂取することが、妊娠・出産をするためには大切なことです。

それならば、葉酸サプリと一緒に『マルチビタミン』や『マルチミネラル』を併せて飲めば良いのでは?と思うかもしれません。

ですが、薬局やドラッグストアで市販されているビタミン・ミネラルのサプリは、そのほとんどで『中国産』の原料が使用されています。

また、飲むサプリの種類が増えると、必然的に添加物の摂取量も多くなってしまいます。

なるべく安全性が高く、一度に多くの成分が入った『オールインワンサプリ』を選ぶことをおすすめします。

参考:
『栄養の基本がわかる図解辞典』中村丁次 監修(成美堂出版)
『妊娠体質に変わる食事』定真理子/北野原正高 著(青春出版社)
ニューイングランド医学ジャーナル『NAD Deficiency, Congenital Malformations, and Niacin Supplementation
西オーストラリア大学小児健康研究センター『Cord blood 25-hydroxyvitamin D3 and allergic disease during infancy
筑波大学『精子が卵を目指すしくみ・運動方向を制御するタンパク質を発見
北村クリニック『精子についての大切な考え方

雪印ビーンスターク・産婦人科医島田茂樹氏共同研究『ビタミンB6高配合の葉酸サプリメントのつわり軽減作用

 

 

効果が期待できる妊活成分が入っている?

葉酸サプリの妊活成分

妊活成分は必要?

葉酸サプリや妊活サプリは、体に足りていないものを補って、

『妊娠して健康な赤ちゃんを育む』

という本来の女性の体の機能を充分に引き出すためのものです。

ですので、上に書いた『葉酸・ビタミン類・ミネラル類』さえしっかり入っていれば、基本的には大丈夫です。

ただし、栄養をきちんととっていても授かりにくいという方や、高齢出産をめざす方は、それらの必須成分に加えて『妊活成分』も入った葉酸サプリ・妊活サプリを選ぶのもおすすめですよ。

妊活成分には、

マカ・ピニトール・DHA・EPA・α-リポ酸

など、さまざまな種類があります。

これらの妊活成分は、誰にでも必ず効果があると言い切れるものではありません。

言わば『民間療法』と言えるものですね。

その多くが古来から伝わる植物などを原料にしていますので、『漢方』のようなものと考えるとよいでしょう。

ご自身の体質や不妊の原因に合った成分が入った葉酸サプリ・妊活サプリを選び、体質に合わない時には別のものに変えてみるなど、工夫をして摂取していきましょう!

 

葉酸サプリに美容成分は本当に必要 ⁈

また、葉酸サプリには、コラーゲンなどの『美容成分』が入ったものも多くあります。

「普段から美容系のサプリを飲んでいて、妊活中や妊娠中にも美容成分を取り入れたい」

という方には向いていますが、
純粋に、

「妊活のため・赤ちゃんの健康のために葉酸サプリを飲みたい」

という方には、美容成分の効果は必要ないかもしれませんね。

もちろん、女性はキレイでいることで気持ちが前向きになり、ストレスも減るので、妊活にまったく効果がないとは言えません。

ただし、中にはその美容成分によって値段が高くなっている葉酸サプリもあります。

本当に自分が欲しい成分なのかどうか、よく見極めて選ぶようにしましょう。

 

葉酸サプリの副作用はない?安全性を確認しよう

葉酸サプリの副作用

葉酸サプリは、妊活中から授乳中まで、長い期間にわたって飲み続けるものですので、できるだけ安全性が高いものを選びたいですよね。

『葉酸』そのものは、一日1000μgを超えなければ、副作用はありませんが、ママと赤ちゃんに安心安全な葉酸サプリを選ぶためには、次の点も必ずチェックするようにしましょう。

  • 原材料の産地が、日本か欧米諸国
  • 日本のGMP認定工場で生産している
  • 放射能・残留農薬検査を行っている
  • 添加物はできるだけ少なく、安全なものを使っている

 

葉酸サプリの原材料の産地は、日本か欧米が安心!

葉酸サプリの生産地
葉酸だけではなく、ビタミン・ミネラル・妊活成分・添加物などのすべての成分で、

『日本や欧米産』のものが質が良い

と言われています。

質が悪い原材料は、異物が多かったり吸収率が悪かったりします。

特に『中国産』の成分は品質や効果が安定しないと言われていますので、妊活中や妊娠中はなるべく避けるようにしましょう。

葉酸サプリは、長い期間飲み続けるものですので、特に、体に蓄積しやすい『ビタミンE』『ミネラル類』や、含有量の多い『ビタミンC』『カルシウム』などは、原産地に注意したいですね。

 

ネット販売の葉酸サプリは、添加物も含めたすべての原材料が『日本か欧米産』というものが比較的多いです。

一方、薬局やドラッグストアで市販されている葉酸サプリの多くは、サプリの生産地が日本でも、いずれかの原料で『中国産』を使用しているものがほとんどです。

原材料の産地がどこかは、電話で問い合わせをすれば、大抵のメーカーは教えてくれます。

しかし中には、

「企業秘密のため、産地は教えられない」

という葉酸サプリもいくつかあります。

原材料の産地が企業秘密になるとは思えませんので、開示できないということは、おそらく『中国産』を使用していると考えてよいと思います。

判明した原産地は、各葉酸サプリの紹介の中で公表していますので、参考にしてくださいね。

 

GMP認定工場で生産している?

『GMP認定工場』とは、原料の受け入れから製造・出荷まで、すべての過程で

「医薬品と同レベルの品質・環境基準が守られた工場」

を指します。

厚生労働省のガイドラインに基づいて、日本健康栄養食品協会と日本健康食品規格協会が審査しています。

『GMP』に認定されていれば、汚染による有害物質の混入や、成分量のばらつきなどがない安全性の高い葉酸サプリであると安心することができます。

GMPに認定されているかどうかは、ホームページに公開されていたり、また各葉酸サプリのパッケージに付いているマークで確認することができますよ。

葉酸サプリの安全性葉酸サプリの工場

 

放射能・残留農薬検査を行っている?

いくら原材料の産地に気をつけても、その材料が放射能に汚染されていたり、残留農薬があったりしてはいけませんよね。

放射能や農薬は、飲んだ時だけではなく、長期に渡ってママや赤ちゃんの体に蓄積していく怖さがあります。

必ず放射能・残留農薬検査をクリアしている、安全な葉酸サプリを選びましょう。

 

添加物はできるだけ少なく、安全なものを使っている?

葉酸サプリの添加物

たまに、

「天然成分100%・無添加です」

と公式サイトやパッケージに書いてある葉酸サプリがあります。

しかし実際には、添加物をまったく使わないで葉酸サプリを作ることは不可能です。

『錠剤の形に固める』『吸湿による劣化を防ぐ』などのために、ある程度の添加物は必要になります。

それは、サプリメントだけではなく、医薬品の錠剤でも同じことで、添加物が0ということはまずあり得ません

なぜサプリや食品、化粧品などでも『無添加』という表示が度々見られるかというと、『無添加』と書くのに決まりはなく、たとえば香料や防腐剤など何か1つでも入れていなければ『無添加』と書けてしまうからなのです。

それは決して「添加物がまったく入っていない」というわけではないのです。

しかし、添加物の中にも『天然由来の安全なもの』から『危険性が指摘されているもの』までさまざまな種類があります。

また、最小限の量の添加物を使用している葉酸サプリもあれば、99%以上が添加物でできている葉酸サプリもあります。

当サイトでは、各葉酸サプリの添加物の安全性を、

◯ 安全性が高く、安心して飲める
△ 比較的安全で、大量に服用しなければママや赤ちゃんに影響はない
× 妊活中や妊娠中には飲まない方がよい


の 3段階に分類していますので、参考にして下さいね。

葉酸サプリに使用している添加物の『量』に関しては、全成分表を見れば、だいたい検討がつきます。

全成分表は、含有量の多い順に書く決まりがあるので(ビタミン類を除く)、前半に添加物が書いてあれば量が多く、後半に書いてあれば量が少ないということです。

粗悪な添加物が入ったサプリをたくさん摂取したことによる肝臓障害が、毎年一定数厚労省に報告されています。

できるだけ、安全な添加物最低限の量だけ使用している葉酸サプリを飲むようにしましょう。

 

葉酸サプリのにおい・飲みやすさはどう?

葉酸サプリの飲みやすさ

葉酸サプリってどんなにおいがするの?

『葉酸』そのものは、ほぼ無味無臭です。

葉酸サプリのにおいや味は、一緒に入っている成分によるものです。

  • 野菜を多く使っているもの…青臭い
  • 鉄分が多く入っているもの…鉄のにおいや味
  • DHAやEPAを含むもの…魚のにおいや味

これらのにおいや味は、栄養成分がたくさん入っている証拠でもあるのですが、毎日飲むには苦痛になることもありますよね。

特に、妊娠してつわりが始まると、ちょっとしたにおいや味でも飲めなくなってしまうことがあります。

 

葉酸サプリは、コーティングしてあるタイプが安心

そんな葉酸サプリの原料のにおいや味を消してくれるのが、『コーティング剤(光沢剤)』です。

コーティング剤には、『天然成分』でできたものと『石油成分』でできたものがあります。

『HPMC』や『シェラック(セラック)』は、天然成分でできたコーティング剤で、ママにも赤ちゃんにも無害で安全です。

ストレスなく、長期間飲み続けるためには、天然のコーティング剤で飲みやすくしてある葉酸サプリを選ぶのがおすすめですよ!

 

葉酸サプリは大き過ぎないものを選ぼう

葉酸サプリの大きさも、飲みやすさのポイントになります。

日本製の葉酸サプリは、直径0.8〜0.9cmの丸い錠剤タイプのものが多く、このあたりが飲みやすいサプリの目安でしょう。

外国製の葉酸サプリには、横長で大きく、日本人の喉は通りにくいものもあります。

まれに日本製の葉酸サプリでも、横長で大きいものがありますので、飲みにくい場合はサプリカッターで切るなど、一手間が必要になります。

口コミなどで『飲みにくい』と書かれている葉酸サプリは、できれば初めに少量のお試し用を注文してみた方がよいでしょう。

 

コスパはよい?

葉酸サプリの値段

葉酸サプリは長く飲み続けるものですので、値段も気になるところですよね。

単に『高い』『安い』だけではなく、内容に見合った値段設定がされているかも重要です。

主に葉酸サプリの値段を決めているのは、

  • 入っている成分
  • 原料の生産地

です。

高価な妊活成分や美容成分を配合しているサプリは、当然値段も高くなります。

また、『中国産』の原料を使っていれば安く、『日本や欧米産』の原料を使っていれば、それだけ高くなります。

しかしたまに、内容はそれほど良くないのに、値段が高い葉酸サプリもあります。

それはおそらく広告費などが高額なためでしょう。

また逆に、品質はとても良いにもかかわらず、安い値段で提供してくれる葉酸サプリもあります。

自社工場などを持っていて、流通コストを削るなどの企業努力をしているためです。

当サイトでは、そういった面もしっかり考慮しながら、本当にコスパの良い葉酸サプリかどうかを見極めていきます。

 

定期コースは自由に解約できる?

葉酸サプリ解約

よく、

「定期コースの最低回数は◯回です。その間は解約できません。」

という葉酸サプリがあります。

これはあまり嬉しいものではありませんよね。

「長くお飲み頂くことで、より効果を実感してもらえる」

と言いますが、どれだけ飲むかは飲む側が決めることで、強要するべきことではないと考えます。

飲んでみたら体に合わなかったり、途中でつわりで飲めなくなったり、事情があって妊活を中断したり・・・

飲む側の女性にはさまざまな事情がありますよね。

内容はとても良いのに、定期コースの回数に縛りがある葉酸サプリもあり、とても残念です。

 

食育栄養コンサルタントがおすすめする 葉酸サプリランキング【2020年版】

葉酸サプリランキング

それでは、以上の 7つのポイントをもとに、本当に良質な葉酸サプリ・妊活サプリをご紹介します。

ここで上位に紹介する葉酸サプリ・妊活サプリは、さまざまな観点から、食育栄養コンサルタントが自信を持っておすすめできる、栄養価と安全性の高いサプリです。

ぜひ一度試してみてくださいね!

ランキング

[第 1 位]makana マカナ

総合評価 A+
強力な妊活成分と、完璧なビタミンミネラルを求める方に

『スイス産の良質なモノグルタミン酸型葉酸』をはじめ、妊娠に必要なビタミン・ミネラル類を、管理栄養士が計算し尽くして完璧に配合。

今注目の妊活ビタミン『ナイアシン』と『ビタミンD』も高配合されています。

加えて、強力な妊活成分『マカ』『還元型コエンザイムQ10』『α−リポ酸』が授かりにくい女性をサポート。

全成分が『日本もしくは欧米産』で、放射能・残留農薬・重金属検査もクリア。

定期コースの回数条件もない、極めて良質な葉酸サプリです。

妊活が長くなっている方、高齢出産を目指す方に特におすすめします。

 😀 初回¥3,980  😀 2回目以降¥5,980

 

[第 2 位]メルミー葉酸サプリ

総合評価 A+
妊活成分は必要なく、完璧な基礎栄養素を求める方に

こちらも、1位のマカナと同じく、『スイス産の良質なモノグルタミン酸型葉酸』と妊娠に必要な 12種のビタミン・ミネラルを完璧に配合。

鉄分も『ヘム鉄』ブレンドで、しっかり妊娠後期までまかなえる量を配合。

必須栄養素の配合で言えば、30種の葉酸サプリを調査した中で、このメルミーが断トツ 1位です。

ママと赤ちゃんの健康をサポートする『DHA・EPA』『β−グルカン』『EC-12乳酸菌』を配合。

目立った妊活成分は入っていませんが、その分、妊娠後期や授乳期まで安心して飲み続けることができます。

原材料の産地のほとんどが『日本・欧米』、放射線・残留農薬検査クリア。

定期コースの回数条件もないので安心です。

本来の自分の体の妊娠力を取り戻したい、お腹の赤ちゃんを健康に育んでいきたい、という方に自信を持っておすすめできる葉酸サプリです。

 😀 初回¥2,980  😀 2回目以降¥3,980

 

[第 3 位]プレミン葉酸サプリ

プレミン

総合評価 A
シンプルで安全性の高いサプリを求める方に

『スイス産の良質なモノグルタミン酸型葉酸』と、妊娠に必要な 12種のビタミン・ミネラルのうち、11種を配合。

製薬会社の作るサプリらしく、成分は『葉酸・ビタミン・ミネラル』のみのシンプルな葉酸サプリです。

原材料の産地のほとんどが『日本・欧米・豪』で、放射線・残留農薬検査・アレルギー検査をクリア。

添加物も厳選し、安全性にとことんこだわっています。

定期コースの回数条件がなく、合わなければ開封後でも返品可能です。

妊活成分に頼らず、基礎的な妊娠力を身につけたい、何よりも安心安全を優先したい、そんな方におすすめする葉酸サプリです。

 😀 初回〜2回目以降もずっと¥3,866

 

あわせて読みたい


葉酸とダウン症
葉酸にダウン症のリスクを減らす効果がある?

「妊娠前から葉酸を摂取すると良い」、ということは、大分浸透してきましたよね。 葉酸を妊娠前からとることによって、無脳症などの赤ちゃんの『神経管 ...


葉酸サプリ市販とネット通販
【葉酸サプリ】市販のサプリは危険?効果や副作用は?

【葉酸サプリ】ネット vs. 市販 妊活中や妊娠中に葉酸が必要、ということはわかったけれど、 「葉酸サプリの種類がありすぎて、どれを選べばいい ...


葉酸サプリは天然か合成か
【葉酸サプリ】天然と合成どちらを選ぶ?メリットとデメリット

天然葉酸と合成葉酸、どちらがいいの? 妊活中・妊娠中で、すでに葉酸サプリを飲んでいる方もきっと多いですよね。 でもその葉酸サプリ、『天然葉酸』 ...


葉酸の効果がアップする摂取方法
葉酸の効果がアップするおすすめの摂取方法

妊娠前から出産後まで、ママと赤ちゃんの健康を支える『葉酸』。 妊娠前と妊娠初期には、着床しやすくなったり、ダウン症などの赤ちゃんの神経系の病気 ...


妊娠中のザクロ
妊娠中のザクロ・プラセンタ・大豆イソフラボンは大丈夫?

妊活中に葉酸サプリや妊活サプリを飲み始める方が多いと思います。 葉酸・妊活サプリの中には、『ザクロ』『プラセンタ』『大豆イソフラボン』などが、 ...


男性も葉酸が必要か
男性も葉酸サプリは本当に必要?

男性も葉酸サプリを飲んだ方がよい? 妊活中から産後まで、ママと赤ちゃんの健康を支える葉酸。 では、男性にはどうなのでしょうか? 男性が妊娠出産 ...

こちらの記事も読まれています


卵子の老化は糖化
卵子の老化をSTOP!① 糖化を防ごう

「茶色い卵子」は糖化が原因だった! 不妊治療院の医師や培養士の間では有名だという『茶色い卵子』。 なんだかコワイですよね。 卵子は、通常ほぼ無 ...


ミトコンドリアを活性化する方法
ミトコンドリアの働きを活性化する3つの方法

35歳・40歳を過ぎて妊娠出産をめざす方にとって、『卵子の老化』は気になるところですよね。 その卵子の老化を防ぎ、若返りをはかるために、ぜひ知 ...


ミトコンドリアサプリまとめ
ミトコンドリアサプリおすすめランキング 効果を比較2選!

ミトコンドリアとは? 年齢にともなう卵子や精子の老化、気になりますよね。 「体外受精でグレードの低い卵しか採れない」「受精しない」「着床しない ...


ピニトールサプリ
ピニトールサプリ 〜妊活への効果を比較・厳選2選

ピニトールとは? 最近注目が集まっている『ピニトール』。 初めて聞くという方もいらっしゃれば、気になっているけど詳しくはわからないという方もい ...



妊娠は何歳まで
妊娠・出産は何歳まで可能? 高齢出産の割合は?

近年、芸能人の方などで40歳を過ぎて第一子を妊娠した、40代後半で出産した、という嬉しいニュースをよく聞きますよね。 そういった高齢出産のニュ ...


妊活に成功する人にはタイプがあった!? 8つの共通点

妊活に成功しやすい人には、タイプがある!? 「高齢出産したり、妊活が成功しやすい人には、似たような傾向がある」 という話を耳にしました。 気に ...

-葉酸サプリ
-

error: Content is protected !!

Copyright© Babywill ベビウィル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.